MENU

合格体験記(2018年度)

一般入試
関西医科大学
医学部医学科

2018年合格田中 澄怜さん【現役コース】

  • Medi-UP入学時の状態を教えてください。
    これから高3になるという時期で、数学、化学が苦手でした。
    特に数学は、何から手を付けたらいいのか分からない状態でした。
    受験校を私立医学部のみに絞ることに決め、
    英数理の勉強に集中することを決めたころでしたが、
    勉強のリズムが掴めていなかったので、学習環境を変えて成績を伸ばすきっかけにできたらと思いました。
  • 学力が伸びた手ごたえを感じた時の状況を教えてください。
    英語は、文法事項がある程度頭に入り、文構造をとりながら「なんとなく」でない和訳ができたと感じたときです。
    数学は、問題の解き方の候補が挙げられるようになり、解ける問題が増えてきたときに伸びを感じました。
  • Medi-UPのの授業で特に良かった内容を教えてください。
    英語:高3の3月から少人数授業を受講しました。
    文法事項を基礎から教えて頂いて、英文がスムーズに読めるようになりました。高校2年生までの自分に確実に足りていなかったものが補えた実感があります。
    受験本番、英語に強い自信を持って臨めたのはこの1年間があったからだと感じています。先生が忙しい中でも受験直前期に過去問を解答したノートを添削して頂けたことも大きかったと思います。

    数学:5月から個別指導授業を受講しました。ずっと苦手なまま手を付けられなかった数学が、1年でここまで見え方の違う科目になるとは想像もできませんでした。Medi-UPに来て間もなく、「数学の成績が上がるビジョンが見えず漠然とした不安がある」と相談をして、個別指導の先生を紹介して頂けたことが大きな転機だったと思います。個別指導授業で基礎の基礎から学ぶことができ、単元ごとに解き方を頭の中で整理することができるようになりました。それが新しく問題を解いていくモチベーションにつながりました。また、先生が教材や自習課題を全て用意して、勉強を進めるリズムを作って下さいました。最後まで数学は苦手科目ではありましたが、他教科でカバーできる程になったのは、Medi-UPに来て素晴らしい先生に出会えたからだと思います。集団授業のメリットも勿論沢山ありますが、私のように苦手科目の個別指導を受講してみるのもひとつだと思います。

    化学:3月から少人数集団授業を受講しました。化学は苦手科目でしたが、先生に、普段の勉強方法について相談に乗って頂き、勉強姿勢を作りました。そして、印象深い授業で化学の基本的な仕組みから学べたことで、好きな科目になりました。1回1回の授業を大切にして、基礎事項を根本から理解できたので、暗記事項が考えれば分かるものに変わり、元素や物質の特徴から化学的な考え方をするのが楽しくなりました。そして有機化学や無機化学を学んでいるうちに、様々な事項が頭の中で繋がっていき、スムーズに学習ができるようになりました。少人数集団授業は先生との距離が近いので、沢山質問できました。

    生物:3月から少人数集団授業を受講しました。高校2年生まで、学校以外で授業を受けていなかったので、受験勉強の仕方が分からず不安でしたが、授業を受け仕組みと絡め基礎事項の理解ができ、暗記がしやすくなりました。また、個別指導の先生が、空き時間を使って知識問題と論述問題を見てくださったので、生物を学ぶ上での基本的な考え方が身につきました。

    小論文・面接:現役生は日頃から練習することが難しいですが、夏期・直前講習や大学別講座で小論文を書く機会があったので、時間配分や書き方が身に付き本番も落ち着いて書くことが出来ました。面接は、志望大学の形式に合わせて集団討論から個人面接まで沢山練習が出来ました。個人面接は、練習を重ねるごとに自分の中で言いたいことがまとまり、違う先生にお願いすれば違う視点からの意見が聞けるので、とても勉強になりました。本番で落ち着いて話せたのは練習があったからだと思います。
  • あなたのおすすめの勉強法を教えてください。
    自習室を常に使用することです。Medi-UPの良いところは、先生との距離が近いこと。研伸館で授業を担当していらっしゃる先生方にも、質問や相談がしやすい環境なので、自習の合間に沢山お話できると思います。そのまま学力に繋がるだけでなく、私は先生方とお話することが自習の合間の気分転換になりました。

    化学の暗記事項と英語の文法事項、重要表現などを覚えるために、単語帳を作りました。単語帳をわざわざ自分でつくるのは無駄だと考える方もいますが、私は自分の文字で授業の板書をまとめ直し、持ち運んで繰り返し見ることで暗記が効率よくできるようになりました。授業で先生がその時仰っていたこともメモしておくと、印象が付きやすかったです。

    生物の暗記事項は、授業の板書を頭に入れて、質問をしたり資料集を見たりして内容を理解してから、紙に自分なりの説明文や図、表を書いて単元ごとにまとめ直しました。その自分で書いた説明を、何も見ずに書けるようになるまで毎日ひたすら書いて覚えました。理解していないと人が見て分かる説明は書けないので、こうすることで分からないことも次第に減っていったと思います。

    12月からの直前期は、ひたすら不安が募ったので、ノート9~10冊分くらいひたすら勉強しました。この時期の量は直接自信になりました。先生に教えて頂いた方法ですが、赤本の理科はそのまま解くのではなく、目次をコピーして単元ごとに大学ごとの区別なしに解きました。学校ごとの傾向はあっても、変わる可能性は十分にあるので、単元ごとにどんな問題が出ても自分のやり方で統一して解ける状態がベストだと思います。
  • 試験前日と当日の過ごし方を教えてください。
    前日も当日も、とにかくリラックスすることに努めました。当日は周りを意識しすぎないように、試験会場で音楽を聴いたり自分のしたいことをしていました。
  • あなたの将来の夢を教えてください。
    医療知識や技術も勿論身に着けなければならないですが、親しみやすくそして信頼できるような、患者さんに寄り添える医師になりたいです。
  • 最後に受験生の熱いメッセージをお願いします。
    苦手科目があるなら、なるべく早く自分から動きましょう。後悔します。一度勢いがつくと勉強が楽しくなってくるので、その波に乗って将来の自分がイメージできたら、モチベーションが上がると思います。辛くなった時は周りに頼るのもありです。自分に負けないように、潰れないように、頑張ってください。

推薦入試
奈良県立医科大学
医学部医学科

2018年合格上田 孟昂さん【現役コース】

  • Medi-UP入学時の状態を教えてください。
    ずっと続けてきたクラブ活動を引退し、受験勉強への意識がようやく本格的に出始めたばかりでした。学校のクラスの中でも特に模試や定期テストで良い成績を出せている訳でもなく、現役で本当に進学できるのだろうか、と思い悩んでいました。伸び悩む日々が続いていたころ、親から医学部受験専門であるMedi-UPの存在を教えてもらい、ここで一念発起して成績を伸ばそうと入学を決めました。
  • 学力が伸びた手ごたえを感じた時の状況を教えてください。
    初めて学力が伸びた手ごたえを覚えたのは、8月上旬に受けたマーク模試でした。マーク式の試験形式に慣れてきたこともあって、それ以前に受験した模試やチャレンジセンターに比べてとてもテンポ良く解くことができたことを覚えています。実際、返却された模試の結果は入試本番で必要な得点には及ばなかったものの、自己ベストの成績でした。
  • Medi-UPに通い始めて克服できた苦手な内容を教えてください。
    特に克服できたのは化学でした。高校の化学の授業のテンポが早く自分の中で定着させる前に次の単元に進んでいたため、理解する時間がとれませんでした。Medi-UPの先生が授業ごとに1つ1つの単元を丁寧に指導して下さったおかげで、化学を苦手科目にすることなく、着実に理解を深めることができました。
  • Medi-UPの少人数集団授業・個別指導授業を問わず「この講座のここが良かった」という内容を教えてください。
    少人数集団授業では主に予習、または授業内での演習の解説が中心でしたので、演習問題をしっかり解いて授業を受ければ、どういう点でどう判断して解くべきだったかを先生が本質的に説明して下さいました。
    個別指導授業ではさらに先生との距離感が近いので、分からない問題を逐一質問することができました。
  • あなたのおすすめの勉強法を教えてください。
    英単語の暗記などは、移動時間を利用して勉強していました。またメリハリのある勉強スタイルを確立することを意識しました。1日のスケジュールを勉強時間と休息時間、食事・入浴・睡眠などに充てる時間の3つに分けて過ごしていました。
  • 試験前日と当日の過ごし方を教えてください。
    受験大学の過去問を読み返して、主に知識系統の内容を再確認してからいつもより早めに就寝しました。試験当日は、集合時間に十分余裕をもって到着するように自宅を出発しました。試験会場では思った以上に多くの受験生を目の当たりにしましたが、それを意識し過ぎないように参考書を読んでいました。
  • Medi-UPでかけられた一番印象に残った言葉を教えてください。
    英語の先生から聞いた「現役で医学部に合格できることは贅沢なことで、浪人してでも受験するのが医学部だ」という言葉です。当たり前のことかもしれませんが、自分の夢を叶えることがどれほど難しいかを改めて思い知らされ、最善の努力が必要だと感じました。
  • Medi-UPで役に立ったと思うサポートを教えてください。
    個別指導授業では、逐次次の授業までに行うべき課題を自分に合うペースでもらうことができました。受付の職員の方々のサポートもとてもありがたく思いました。自習中分からない問題が出たときにも先生に気軽に声をかけられる雰囲気が良かったです。
  • あなたの将来の夢を教えてください。
    臨床医として、病気についてはもちろんのこと、それが原因で患者さんたちが抱く苦痛や不安を取り除くことができる医師になりたいです。
  • 最後に受験生の熱いメッセージをお願いします。
    努力というものはすぐに結果に結びつかないものですが、成功を信じて努力を積み重ねることが医学部合格への近道だと思います。そして、結果というものは、思った以上にうまくいくこともあれば、その逆もあります。奢ることなく、卑屈になることなく、成功を掴むために基礎をおろそかにしないように頑張って下さい。

一般入試
愛知医科大学
医学部医学科

2018年合格松本 明士さん【高卒コース】

  • Medi-UP入学前の状況はいかがでしたか。
    苦手科目を克服する必要があったのですが、少人数集団授業で分からないところがあればすぐに質問でき、苦手なところは個別指導授業で弱点を克服できればと思っていました。
  • 学力が伸びたと感じた時の状況を教えてください。
    手応えを感じたのは8月に受験した模試のときです。夏までに積み重ねてきた勉強の成果を実感できました。
  • 苦手な内容をどのように克服したかを教えてください。
    数学の積分の求積がとても苦手だったのですが、少人数集団授業の補習で色々なタイプの体積の問題演習をしたおかげで、現役時代には苦手だった積分の体積の問題が解けるようになってきました。苦手単元を克服できるようになったことがその後の自信につながりました。
  • Medi-UPの授業で特に良かった内容を教えてください。
    物理の少人数集団授業では、東京大学、京都大学、東京工業大学などの難関大学の過去問題の演習とその解説をしてもらい、理解し定着させることで、模試や本番の入試問題にも難なく解くレベルに到達できるようになりました。
    また数学をある程度網羅したあとに、確率に苦手意識を感じるようになったので、個別指導授業を受講しましたが、担当の岡田先生にポイントを整理してもらうことで、すぐに苦手なイメージを取り除くことができました。
    その他にも、苦手な科目や分野があれば月単位で個別指導授業を受講することができたので、とても効率的だったと思います。
  • あなたのおすすめの勉強法を教えてください。
    英語の長文中に出てきた未知単語や熟語表現をまとめた語彙ノートを作り、隙間時間に何度も繰り返し見直していました。数学の問題集を1週間で終わらせると自分に褒美を与えるルールを作ったことによって、勉強のペース作りとなったと同時に計算ミスが激減しました。
  • 試験前日と当日の過ごし方を教えてください。
    試験前日や当日に慌てると本番で実力を発揮できないのはないかと考え、特に何もせずに、「自分はできる。絶対に勝つ」と言い聞かせて自分に自信を持たせるように心がけました。
  • 受験を通じて一番印象に残った言葉を教えてください。
    受験はメンタルが一番大事である、と言われたことです。受験するごとに本当にメンタルの大切さを実感しました。
  • 役立ったサポートはありましたか。
    Medi-UPで行われた大学別の入試個別相談会で、大学の入試課の方に直接お話しを聞くことができたことです。大学入学後の学生生活や生の入試情報を聞くことができましたので、受験勉強に対するモチベーションが高まりました。
  • 志望大学を選んだ理由を教えてください。
    大学のキャンパスを実際に自分の目で見た時、校舎の雰囲気がとても明るく、医学部の学生の方々の姿を目の当たりにして、自分もこの大学で勉強したいという思いが強くなったからです。
  • あなたの将来の夢を教えてください。
    医学に関する豊富な知識を持ち、一人でも多くの患者さんを笑顔にすることができる医師になることです。
  • 最後に受験生の熱いメッセージをお願いします。
    受験には運も必要だと思います。しかし、幸運は自分を信じて頑張ってきた者に訪れると思います。これから医学部を目指す皆さんは、Medi-UPの先生方が言うことに素直に耳を傾け、実行すればきっと合格への道が開けると思います。是非頑張って下さい。