講師紹介

医学部入試で合格に導く強力な講師たち

得意科目は集団指導授業で、苦手科目は個別指導授業で伸ばすMedi-UP。一人ひとりの特性を考えて、最適な学習を提案。その指導を支える経験豊かな講師陣をご紹介します。

数 学
大矢 圭祐 講師

数学の力は「解法の理解」と「計算力」にかかっています。

「解法の理解」とは問題集などに載っている問題の「解き方」はなぜその方法で解けるのかを理解することです。その解き方を自分で説明できることと言い換えてもいいでしょう。

これがないままに問題集を解いていても、解いたことのある問題は解けるが、初見の問題は「解説の意味は分かるが自分では解ける気がしない」という事態になってしまいます。合格するためにはこのような状況ではいけません。授業では、解き方の説明だけでなく別解についても深く扱います。それぞれの解法の利点や弱点などを比較すれば「解法の理解」を深めることができます。

「計算力」は正確に計算できることにはとどまりません。各単元でよく行う式変形や、式の特徴を活かした変形方法をうまく使いこなすことが必要です。問題集では解説されることの少ない内容でしょう。

しかし、この「計算力」がないと、出てきた式を闇雲に変形して、たまたま答えが出てくれば正解できるが、出てこなければ全くわからないといった状況になりえます。授業では、式変形の意図を伝え、ゴールを意識した計算ができるようにします。

受験勉強はとにかく苦しく感じるものです。順調に伸びていると思ったら伸び悩んでしまったり壁にぶつかったりします。

しかし、あきらめずに続けることでさらに力を伸ばせるタイミングが必ずやってきます。一日一日で何ができるようになったかを意識して一つずつ積みかさねていってください。そうしていれば必ず合格へと近づくはずです。私はそのための力となれたらと思っているので、ぜひ一緒に合格を勝ち取りましょう。


鈴木 剛 講師
数学を伸ばすにはどうすればいいのかと悩んでいる人へ

数学が苦手という人にとって、抜群にいいというところまで伸ばすのは難しいかもしれませんが、そこそこ出来るというところなら意外に簡単です。そしてそういう人は他の教科で勝負すればいいのです。では苦手な人はどうすればいいのか。

それは、基本的な点数をとるための基本例題を覚えてしまえばいいのです。少し聞き方が変わっても、数字が変わっても対応できるくらいにしっかり理解して、何度も反復してやることです。入試問題はそれらの組合せです。組合せできるくらい、徹底して頭に叩き込む。これが重要です。

そして、そこそこできるという人や基本例題を覚えてしまっている人は、やはり入試問題をどんどん解いていくことです。出来る問題は再確認、できない問題も新たな知識として、受け入れましょう。数学は奥が深いです。まだまだ知らない知識や効率いい方法があります。それをMedi-UPの講師陣から吸収してください。

徹底して勉強し、これなら絶対解けるという自信をつけてください。やればやる程、自信と経験が積み重なり、それが結果的に心のゆとりに繋がるでしょう。時間は限られています。早く、整った環境に自身を入れて下さい。

入試で成功するというのは、心のゆとりを持てる人だと思います。

Medi-UPはそういうあなたを全力で応援していきます。

物 理
有森拓也講師

物理の学習において最も大切なことは、基本となる物理法則の理解です。物理法則を正しく理解していれば、入試問題は必ず解くことができます。では物理法則を理解するために必要なことは何でしょうか?

それは自分の頭で納得できるまで考え抜くことです。私の授業では物理法則の意味や活用方法をさまざまな角度から伝えます。一度の説明では理解できないことも、あきらめずに何度も考え抜いた先に本当の理解があります。一緒にとことん考え抜き、入試を突破しましょう。

化 学
大矢浩祐講師

暗記は得意ですか?私は得意ではありません。暗記量はどうすれば減らせますか?「理解」することです。

化学「電池の正極はイオン化傾向が小さい金属」って覚えていませんか?数学「点と直線の距離の公式」丸暗記していませんか?ただ覚えているだけのことは、まだまだたくさんあるはずです。

常に「なぜ?」と思ってください。そして自分なりに説明してみてください。きれいでなくてもいいです。考えてみてください。そして先生と答え合わせしてください。

私の授業では、暗記すべき部分と、理解するべき部分を明確にして授業をすすめます。そうすることで、覚える量は減り、応用ができるようになります。頭が熱くなるくらい、痛くなるくらい、必死に考えましょう。

いくら勉強しても成績が伸びないと感じるときがあると思います。でもよく考えてください。そんなわけありません。長いスパンで考えてください。「今日もできなかった」ではなく、「今日はできた」に注目してください。楽観的になれというわけではありません。でも少しずつ成長しているはずです。

焦らず、冷静に、確実に、おごらず成長を続けてください。そんな皆さんの成長を全力で手助けできればと思っています!


吉村渓太講師

①現象の理解
化学現象は非常に難解です。厳密に理解し、真に正確な図を書くことは専門家でもなかなか出来ません。授業において化学反応や現象についてのイメージをつかんで、復習の際に問題を解きながら各単元の理解を深めてゆきます。

②答案を正しく書く
イメージを掴んでいるだけでは、問題が求めている式を立て、文章を書く事はできません。論述問題を解けばそれを実感するはずです。Medi-UPでは皆さんのアウトプットした答案を何よりも大切にしています。生徒たちの出来ていない箇所を把握し、出来るようにするのが私たちの仕事です。一緒にコツコツと正しいトレーニングをしていきましょう。


宮地克明講師

化学は「好き」ですか、それとも「嫌い」ですか?
「楽しんで」勉強していますか、それとも「仕方なく」ですか?
「嫌い」で「仕方なく」勉強している君、化学のどこが嫌いですか?
理系科目にも関わらず、暗記事項が多いからですか? 計算が大変だからですか?

化学の本質
暗記が大変で化学が伸びないと悩んでいる人へ
今まで表面的な学習をしていたのかもしれません。「本質的な」学習の仕方が身につくと、今まで、バラバラに覚えていた(覚えようとして覚えられなかった)知識が実は根本で繋がっていたという発見ができるはずです!

計算が苦手で化学が伸びないと悩んでいる人へ

これまで、単なる手順だけを覚えて解こうとしていませんでしたか。Medi-UPでは、「手順」だけでなく、「原理」を大切にします。なぜその手順になるのか、または、もっと分かりやすい考え方はないのかなど、本質に根差した計算テクニックを身に着けてもらいます。

是非、Medi-UPの化学を体験してみてください。

生 物
亀田憲児講師

Medi-UPで講師をしながら医学部に合格した私の経験から言えることは、「医学部に合格するために必要な力」は、自分の言葉で説明できる力です。学校や予備校の授業で問題の解き方や考え方を聞いて理解しても、試験で思うように得点できないことが多々あります。

出題者が求めている答えは同じなのに聞き方が変わると解けなくなるのは、「本当の理解」を得られていないから。自分の言葉で説明できるようになると、本当に理解できている状態になったと言えます。

私の授業では、生徒が自分の言葉で説明する機会を多く設けています。特に個別指導においては問答形式で授業を進め、本当の理解を得ていただけるようにしております。私の経験が医学部合格を目指す受験生の役に立てば幸いです。

医学部に合格することが難しい理由は、入試問題が難しいからではなく、基本的なことや皆が知っていることを「テキトー」に理解して疎かにしてしまっているからです。

また、時間にルーズな人にとっても医学部合格は厳しいものに感じられるでしょう。勉強や日々の生活において常に自分を律して行動することが、自分の希望する未来を手にする唯一の方法です。我々とともに医学部に合格するための正しい努力を積み重ねていこう。


喜多嶋 愛子講師

入試に必要とされるのは、何よりもまず生命現象の基本的知識の正確な理解です。一つ一つの生命現象は何を目的に行われているのか、目的を達成するために各段階でどんな反応が起きるのか。また、各単元で習う事柄はどう関連するのか、条件を変えたときにどう変化するのか。Medi-UPの授業を通して、そういった事柄に目を向け、理解した上で知識を身に着けていってもらいたいと考えています。そこから考察問題・計算問題・論述問題の演習を重ね、知識を運用していく力をつけられるように授業を展開します。

一人で問題に取り組むと、知識が不足していて考察問題に設定されている状況が把握できない、計算問題を立式しようにも、現象を理解していないためにどの条件を式に組み込めばいいのか判断できない、生物が苦手な人は、往々にしてそんなことがあるかと思います。そういった躓きをいっしょに解決していきましょう。「生物が得点源になった!」そんな声が聞けるようにサポートします。

英 語
中新洋平講師

英語の力を伸ばしていく上で最も重要と言えるのが「文法理論」です。

ここで言う文法とは、文法問題を解くためだけの『点』としての文法ではなく、文法知識を読み書きすべてにつなげていく『線』としての文法を指しています。語彙力を高めつつ(これもすごく大切)、「文型」、「句と節」、「品詞」の3つを文法理論に基づき理解を深めていくことで、英語の力は劇的に向上していきます。経験上、英語という教科は、受験生が実力通りの点数を本番で取ってくるということが本当に多い教科です。

これはつまり、英語が得意な人は確実に得点源にできるということです。英語を受験において「最強の武器」にしたい方、Medi-UPでお待ちしています。


平山進也講師

英語はスポーツに似ています。

まず、何よりも大事なのは語彙・文法・構文把握といった基礎をしっかり身につけること。これはスポーツでいうところの、筋力トレーニングなどの身体作りに当たります。土台がしっかりしていなければ、十分なパフォーマンスを発揮できないですし、下手をするとけがをしてしまいます。

基礎が整ったら、次は、それを「使いこなす」訓練をすることです。充分な基礎体力があっても、それをすぐにプレーに反映できるわけではありません。実戦の中で自分の身体を動かして、技術を使ってみて、ミスをして、修正して、初めて動き方が分かってくるものです。

英語も同じで、知識を「覚えている」だけでアウトプットしない生徒は、成長しません。長文読解・英作文・リスニングを実践する中で、知識をアウトプットして、使い方を身につける必要があります。日本には、学習=暗記という考えが根強いので、この「使う」意識が弱い人はかなり多いように思います。

私の授業では、以上の2点、「基礎の徹底」と「知識のアウトプット」に重きを置いていきます。私がコーチとなり、皆さんの飛躍的成長を応援します。


齋藤森之助講師

こんにちは。Medi-UPで学ぶ皆さん。英語講師の齋藤 森之助(もりのすけ)と申します。医学部入試の英語は、国公立・私立を問わず、長文問題の英文量の多さ、高難度の内容に加えて、英作文・自由英作文やリスニングなど、学習することがたくさんあります。

したがって、ただがむしゃらに我流で学習しても、成果が上がりにくく、何より「力がついた」という実感が得られにくく、試験での得点力アップになかなかつながりにくくなっている生徒があとを絶ちません。授業では、問題に「どうやって」取り組むのか、「どうやって」考え、解答するのかといった、「どうやって」に主眼を置いた説明をします。医学部受験に必要な英語力をあせらずに、でも、着実に身につけていきましょう。

受験生の皆さんへ医学部受験は英語・数学・理科を中心に、どれも難易度の高い問題が出題されるので、どの学科も、それぞれに相当の勉強量が必要となります。英語は授業学習を中心に、可能な限り、過度な学習量を課すことがないように行いますが、単語学習&習得だけは、日々コツコツと行ってください。むろん単語学習以外は勉強時間ゼロでよいということではありません。授業の予習・復習は継続しましょう。一歩一歩進んでいきましょう。

国語・小論文
木村彰宏講師

自分が教えている内容が、国語や小論文という受験科目にのみ必要な能力育成にとどまることなく、生徒たちが将来患者さんたちに信頼される医師として、また立派な社会の一員としての人格形成やコミュニケーション能力養成の一助となって欲しいという思いで授業に臨んでいます。

したがって、たとえば小論文指導では生徒には正しい表現のみならず、美しさや他者に対してより内容が伝わる表現を要求しています。

明快な文章を書いたり、適切な語彙を使用できる人の思考は、整理されて論理的であるはずです。さらに、美しく、豊かな表現が取れる人は感受性に富み、他者のことを思いやれるに違いありません。常々そのようなことにつながるような授業にしたいと考えています。

医学部進学ご相談窓口06-6770-7614

受付時間
平土 13:00~21:00
日曜 10:30~17:30
※日曜日は上本町校・西宮北口校のみ

 すぐに資料をお送りします

閉じる

PAGE TOP